Archive for the ‘2.デザイン’ Category


最近は少なくなりましたが、欧文の筆記体も捨てがたい味があります。

制作サイドとすると面倒なのですが[笑]

F-022はブラッシュスクリプトと言ひ、アメリカン・スポーツでは欠かせないフォントの一つです。これだけはイタリック(斜めになっている)ですが、他のフォントもイタリックに出来ます。

線の幅が細いものは太く直せます。

筆記体は右端の文字から「テイル」と言ふ尻尾状がカーブして文字全体の下に入るのが一般的ですが、最近は文字とテイルを繋がらせず、独立させることも多くなってます。

全体を右上がりにさせることが多いですね。



F-010までは硬いイメージでしたが、こちらは曲線やセリフが付いた明朝っぽく、オーソドックスなイメージのフォントを集めました。

F-012はカスレている、流行のフォントです。

F-016はフルブロックの曲線版ですね。優しさと強さが混じってます。

F-018はオールドイングリッシュと言ひ、ピップホップ界で数年前に流行したフォントです。

F-011,016,017,019,020は大文字のみです。



TL-002

横一直線に並べられ、左のイニシャルを大きくして右端は外の線を上に伸ばして少しバランスを取りました。

シャドーはハイライトを付け立体感を出しました。

文字だけでも十分ですが、動きのあるボールを入れてみました。外せます。

サンプルにはフォント違いで色違いや、文字数が多いパターンも作りました。ご参考になれば、、、

勿論カラーリングとフォントのチェンジは問題ありません。



フルブロック体を始め、角ばったものや昔からあるオーソドックスなものを集めました。

画像をクリックすると大きくなります。

F-001は「フルブロック体」と言ひ、古くからある伝統的なフォントで、いかにもバスケットと言ふ感じがします。大文字だけです。

F-002は「プレーンブロック体」フルブロック体から「セリフ」と呼ばれる通称「足」と呼ばれるものを取ったもので、かなりゴツク感じます。文字数が多い時に合います。大文字だけです。

F-003は私がデザインしたフォントです。プレーンブロック体を今風にアレンジしたものです。大文字だけです。

F-004は細いプレーンブロック体の線の切り端が角度が付いた新しいイメージのものです。大文字だけです。

F-005は以前のマーブスが使用してました。大文字だけです。

F-006は平べったいプレーンブロック体で小文字アリバージョンです。

F-007は004よりもっともっと新しいバージョンです。

F-008は平べったいイメージです。一箇所だけ斜めにカットしてます。

F-010はカーブと直線を使ったフォントで、力強いイメージが出ます。グラフィック界では昔から津側手間した。


フォント

posted by admin

文字の書体です。

スポーツ向けのフォントは線が太く角ばっていると強く見えます。

線が細く曲線は、逆に上品で弱そうに見えます。

アメリカン・スポーツ、特にバスケットでは「フルブロック体」と言ふガチガチの書体が昔から使われ、一番オーソドックスと言へます。

近年はパソコンの普及により簡単に文字が書けるようになり、尚且つ天地や左右を自由に調整出来る様になりました、便利になったものです。

ここに掲載したフォントはユニフォームの胸に入れる「チーム・ロゴ」や「チーム・Tシャツ」等で使います。

「チーム・ロゴ」や「チーム・Tシャツ」のデザイン・サンプルでは、あくまでもサンプルですから、貴方の好きなフォントに変えて下さい。

縦や横の比率は自由に変えることが出来ますが、文字数の違いでイメージが変わることがあります。

なおフォントによっては「大文字」しかないものもあります。



TL-001

横一直線に並べ、イニシャルを大きくしました。

下のバー(横棒)にアーチが掛かっているのが新しい感覚で、なおかつオーソドックス感があります。

左のデザインは基調がサックスですが、ウッスラとグラデーション(ぼかし)が入ってます。このグラデーションがキツイと、遠くから見ると見えづらくなります。

サックスは淡い色なのでバックが白だと目立たなくなります。そこでこのように陰をつけたり、サンプル3番目「文字数違い」のように細く濃い色で縁取るとハッキリ見えるようになります。

[A]のところに星が入ってますが、他にも[BDOPQR]には入れることが出来ますが、他の文字には入れるのが難しいから、どうしようか[笑]

左のものはウェブ用に近くで見せるためのデザインをしてますが、実際には遠くからでもハッキリ見えるように細工はします。

下のサンプルではフォントを変えたものと文字数を増やしたもの、右上がりにしたものがあります。これでイメージして下さい。

勿論カラーリングとフォントのチェンジは問題ありません。

 



バスケットボール競技のウェアには必ずチーム名を入れますが、他のチームと同じでは納得しないのがバスケット選手です[笑]

チーム名をオリジナル・デザインされたのが「チーム・ロゴ」です。

アメリカのプロチームを見れば判るように、チーム・ロゴは誇りを持って全てのチーム・アイテムに使用してます。

例えばTシャツにもチーム・ロゴを使ってデザインします。

ここにサンプルとなるデザインを掲載しました。この中から選ぶと早く安くデザインが出来ます。

勿論フォント(書体)とカラーは変更出来ます。かなりイメージが違ってきます。

チーム名の長さによってはサンプルとイメージが違うこともあるのでご注意下さい。

何色でも使えますが、ユニフォームのカラー(チームカラー)を頭に入れましょう。

デザインは「TL-○○○」 カラーリングは「ネービー、サックス」

と指定していただけば、それを元に数日中にそのデザインが出来上がります。それをチェックして下さい。

従来の縁取り刺繍や圧着マークでは単に文字の羅列だけでしたが、昇華プリントはイラストも使用できますので、今までとは違った胸マークが作れます。

写真も使えるので、面白いデザインが出来ますよ!


番号[マブス]

posted by admin

マブス書体

フルブロック体の角をカーブにした感じの書体です。

線が細いので、大人しそうに見えます。

縦長で女性っぽいかな?

全ての番号とカラーリングサンプルは画面をクリックすると大きくなります。

参考にして下さい。勿論サンプルに無い組合せも出来ます。


番号[バズーカ]

posted by admin

バズーカ書体

縦の線も横の線も同じ太さのゴシック体ですが少しオシャレな感じになります。

イタリック体(傾いてる)なのでスピード感もあります。やや縦長になります。

全ての番号とカラーリングサンプルは画面をクリックすると大きくなります。

参考にして下さい。勿論サンプルに無い組合せも出来ます。



ターンテーブル書体

フリーハンド(手書き風)で少しピップポップ調になってます。

遊び心満点です。女性やミニバスにも合うかもしれません。